『8月の夏季休暇について』

私ごとで恐縮ですが『鎌倉』に一時期住んでいた時があります。
黒潮の影響で”夏は涼しく冬は暖かく”と言われているようにそう感じる時があります。
今年もコロナの影響で海の家も花火大会も開催されず、しかし、由比ガ浜にはたくさんの人が泳いだりして遊んでいます。

住んでいるところは、海から400m程度離れた場所なので、『塩害』が激しいと感じています。
それも建物の向き・階数によってさまざまで、塩害対応の塗装でも5年で錆が発生しているところもあれば、焼付塗装でも錆が発生してない部分があったりしています。
いわゆる風の道を細かい塩を付着させた砂がサンドペーパーで磨いているように悪さをしていきます。

エアコン室外機も塩害仕様を買ったのですが、結局5年しか持ちませんでした。
エアコン本体よりも冷媒管が本体と接続される部分のカップリングがさびてそこから冷媒が少しずつ抜け出し性能が出なくなりました。
環境と共存していくことの難しさを鎌倉は教えてくれます。

遅くなりましたが、8月9日から13日まで夏季休暇を頂戴致します。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です